« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

甘くない

連日30度超えの暑い日続きでグッタリでしたが、今夜は涼しい風が吹いています。
子どもとふとんで横になりながらまったり中の蓮見です☆

先日、6歳の息子と一緒にお好み焼きを作りました。
息子は生地を混ぜながら「ママ、僕パテ(ティ)シエみたいでしょ!僕がパテシエでママは店長ね。」と言って、謎の配役でパティシエごっこが始まりました。
粉が卵や水と完全に混ざり切らないところで、何度も「店長、もう大丈夫ですか?」と聞かれ、その度に「まだまだだよ」とか「もうちょっと」とか言っていたら、息子は「はぁ~、パテシエは力がいるなぁ。大変だなぁ。」と息も切れ切れに言って、生地を混ぜていました。

私は心の中で、やっぱりそうだよね!と、コントントモンのシェフがいつも力仕事をしていることを思い出していました。
ケーキと言うと、甘くてふわっと柔らかいイメージでしょうか。でも、それを作るのって、重い器具を持ち上げたり、混ぜ続けたり、硬い物を切ったり、なかなかの重労働なんです。きれいに飾るのは最後の最後。ほとんどが力仕事と言えるかも知れません。

シェフ、すごいです!…そんなことを考えているうちに、息も切れ切れな息子も何とか生地を混ぜ終えて、美味しいお好み焼きが出来ました。

それにしても、息子の根気はパテ(ティ)シエには向かないかなぁと、店長役(?)の私は思うのでした。

|
|

なるほど

みなさん、こんばんは。チーフです。
みなさんは先週末の参議員選挙に行ってきましたか?
私はシェフと一緒にお店を閉めた後に掃除を中断して投票に行ってきました。
以前19:00まで営業していた頃は間に合わないので、期日前投票に行っていました。

さて、子供頃から選挙速報をテレビで観ていると、〇〇さん当選確実!と開票率3%の段階で言ってます。子供だったから、「えっ、もうわかっちゃうの?」とよく不思議がっていました。

去年の3月にコーチングの体験講座に行ってきました。講師の方が誰もが抱いている不思議なことを例に取り出して、説明している時に、選挙の当選確実は間違わないのか?投票率100%になるまえにどうして確実なのか?出口調査などでいろいろな情報を元に分析してるにしても、ちょっと早すぎるんじゃないのーって印象の時もありません?もちちん物凄い僅差の場合は最後まで分からない時もありますが。

現に先週末の群馬の選挙は開票率0.6%の時点で中曽根弘文氏に当選確実が出ました。

講師の方はこうおっしゃいました。
お味噌汁を作るときに味噌の味見をしますよね。どのくらい飲めばわかりますか?
ちょこっと一口でわかりますよね、お椀いっぱいにして味見しませんよね。

ああーなるほど。ある数さえ集めれば全体がわかる。ただ数値に例えると人間っていろんな事を考えちゃうんだなあって実感しました。自分の中でつながるなるほどでした。
こんな、なるほどって思えるものをもっともっと増やしたいなあって思います。

|
|

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »